導入後もらくらく運用 MDM比較ナビ » MDMで解決! 企業が抱えるテレワークのIT課題まとめ

公開日:|更新日:

MDMで解決! 企業が抱えるテレワークのIT課題まとめ

企業が抱えるテレワークでの課題。このページでは、さまざまな課題に対する具体的な対策を紹介。MDMの導入によって対応できる課題もたくさんあるのでぜひ参考にしてみてください。

在宅環境のセキュリティ対策が希薄

テレワークでの具体的なセキュリティ対策

テレワークにおける在宅環境のセキュリティ対策について解説しているページです。会社での業務とは異なり、在宅ではさまざまな情報漏洩のリスクがあるため、適切なセキュリティ対策を講じる必要があります。情報漏洩のリスクと具体的なセキュリティ対策をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

テレワークによる情報漏洩を
未然に防ぐMDMの機能を詳しく

シャドーIT対策ができていない

無意識に行われる社員のシャドーIT

会社から許可を得ることなく自分のスマホを業務利用する勝手BYODがシャドーITの代表的なものですが、そのほかにもさまざまなケースがあるのです。このページではシャドーITの事例を紹介するとともにMDMを導入した解決策も紹介。ぜひ参考にしてみてください。

社員のシャドーIT対策に役立つ
MDMの機能を詳しく

リモート勤務の成果が測定できない

リモート勤務にはMDM導入が有効

リモート勤務は社員の行動が見えないため、成果を測定しづらいというデメリットがあります。しかし、リモート勤務も工夫しだいによっては成果を正しく測定し社員の生産性を上げられるのです。具体的にはMDMの導入がおすすめ。そのほか、テレワーク業務を確立するのも良い対策方法です。以下のページでは、さらに詳細に解説しています。

リモート業務の適正評価に役立つ
MDMの機能を詳しく

会社用端末の使用状況が把握できない

端末使用状況把握にはMDMが最適

会社用端末の使用状況を把握するために最適といえるシステムがMDMです。MDMはモバイルデバイス管理のこと。MDM導入により、複数端末の一元管理が可能となるのです。以下のページでは、MDMの導入の流れについて詳細に解説しています。

法人でのiPhone管理に欠かせない
MDMの機能を詳しく

オフィス分散の注意点

時間や場所に限られない働き方

オフィス分散とは、一つの職場に社員が集まるのではなく、テレワークなど社員が複数の場所に分かれて仕事をする形式のことを言います。オフィス分散をするとテレワークなどが実現されるため、時間や場所に囚われない働き方の多様性を実現することができる一方で、社外のネットワークや機器を利用することによるセキュリティ面でのリスクが懸念されます。オフィス分散を行う場合のメリットやデメリット、成功させるための注意点やMDMツールの活用法を見ていきましょう。

オフィス分散の注意点をチェック

テレワークのルール作成時のポイント

テレワーク社員の勤怠管理が重要

テレワークを導入すると社員が働く姿を直接確認できないため、社員の働きすぎや健康状態などを管理しづらくなります。そのため導入前にテレワークについてのルールを詳細に決めることが大切。労働場所のルールや給与・手当についての確認、健康・安全管理、セキュリティ意識の共有をしておきましょう。テレワークで仕事をする際は仕事用の端末の紛失や盗難のリスクに加えて、許可がいの端末やWi-Fi利用、フィッシングメールといったリスクに要注意です。

テレワークのルール作成時のポイントをチェック

テレワークでの残業管理の必要性

オンオフの切り替えが難しく残業になりやすい

自宅で仕事をするという特性上、テレワークでは社員がオンオフを切り替えるのが難しく、無自覚に時間外労働が発生しやすくなります。テレワークを導入する前にしっかり残業意識についての注意喚起を行い、残業そのものが生じないよう対策しましょう。時間外のメールや電話などのコミュニケーションを抑制したり、いっそ残業そのものを禁止したりすることも効果的です。業務に利用するシステムへのアクセスを制限することで、残業が生じない環境を作り出すこともできます。

テレワークでの残業管理の必要性をチェック

ワーケーションの意味や注意点

休暇や観光と仕事を両立

ワーケーションとは、「仕事」と「休暇」を組み合わせた造語のこと。観光地やリゾート地などの旅行先で、オンラインを利用してテレワークを行う過ごし方をワーケーションと言います。ワーケーションと有給を組み合わせれば、有給休暇取得率の向上になる他、働き方の多様性を実現することができます。ただし仕事と休暇の線引きがあいまいになりやすい点や、旅行先でセキュリティを維持することが難しい点などがリスクとしてあげられます。

ワーケーションの意味や注意点をチェック

サテライトオフィスとは

緊急事態時のリスク分散にもなるサテライトオフィス

会社以外に構える「サテライト(衛星)」のように設置された小規模なワーキングスペースは、都市・郊外・地方など、場所によって複数のタイプがあります。コスト削減や人材確保に。また、緊急事態が起こった際のリスク分散として、BCP(事業継続計画)対策にも使えるなど、利用方法はさまざま。

サテライトオフィスとはどんなメリット・デメリットがあるスペースなのか

ハイブリッドワークとは

テレワークとオフィスワークのいいとこ取り

ハイブリットワークとは、テレワーク(リモート勤務)とオフィスワーク(オフィス勤務)を併用した働き方のこと。出社と在宅、従業員が働き場所を自ら選び、自分に合った環境で仕事をすることができます。メリットだけでなくデメリットや注意点も併せて紹介しています。

ハイブリットワークとは具体的にどんな働き方かチェック

フレキシブルオフィスとは

共有スペースを使ったフレキシブルオフィスとは

複数の企業やフリーランスで働く人とスペースを共有しながら仕事を行うのがフレキシブルオフィスです。設備やプランごとにさまざまなオフィスがあるのが特徴で、オープンスペースで使えるものや個室で使えるものなど色々。メリットはたくさんありますが、その一方でデメリットや注意点も存在します。

使い方色々、柔軟に使えるフレキシブルオフィスとは?

書類デジタル化とは

ペーパーレス化とテレワークに有効な書類デジタル化とは

資料など、さまざまな書類をスキャンし、画像として保存することを「書類デジタル化」や「電子文書化」と呼びます。紙媒体の管理や保存をよりスムーズに行える書類デジタル化ですが、どのような書類が向いているのか、注意点も含めて解説しています。

書類デジタル化とは?法律で定められたルールをチェック

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)