導入後もらくらく運用 MDM比較ナビ » MDMで解決! 企業が抱えるテレワークのIT課題まとめ » 社用スマホを紛失した場合の対処法や紛失対策まとめ

公開日: |更新日:

社用スマホを紛失した場合の対処法や紛失対策まとめ

社用スマホの紛失は、企業にとって大きなリスクを伴います。機密情報の流出や不正利用など、被害を抑えるための対処法と対策をまとめました。

社用スマホを紛失した際にどんなリスクが考えられる?

社用スマホを紛失した場合、まず考えられるのは機密情報の流出リスクです。社用スマホには顧客情報や業務に関する重要なデータが保存されており、これらが第三者の手に渡ることは企業の信用問題に直結します。

また、紛失したスマホが不正に利用され、高額な通話料やデータ使用料が発生する可能性もあります。さらに、紛失をきっかけに企業内のネットワークに悪意のあるアクセスが試みられるケースも考えられます。これらのリスクに備え、事前に適切な対策を講じることが大切です。

社用スマホを紛失した際企業はどのような対応をするべき?

社用スマホの紛失は、企業にとって重大なセキュリティリスクを伴います。対応策は迅速かつ的確に行う必要があり、具体的なステップは以下の通りです。

正確な情報を把握する

企業は紛失したスマホに関する正確な情報を把握する必要があります。紛失に気付いた従業員は、すぐに上司やセキュリティ担当者へ報告し、紛失した場所、時間、および紛失した際の状況を詳細に提供することが求められます​​​​。企業は、報告された情報を基に、紛失したスマホにどのような情報が含まれていたかを把握し、潜在的なリスクまで考えるようにしましょう。

提携しているキャリアの紛失・サポートに連絡する

企業は紛失したスマホの契約しているキャリアに連絡を取ります。この段階で、SIMカードの即時停止や電話番号の一時的な停止を要求し、不正使用を防ぐための措置を講じます​​​​。キャリアによっては、紛失したスマホの位置情報の追跡や遠隔でのデータ消去など、追加のサポートを提供している場合もあるためです。これらの措置は、情報漏洩や不正利用のリスクを抑えるために有効な手段となります。

警察や紛失したと思われる施設に連絡する

紛失が発生したことを確認したら、直ちに警察に紛失届を提出し、可能性のある紛失場所(例えば、公共交通機関の遺失物取扱所や、紛失したと思われる施設)に連絡することがおすすめです​​​​。これにより、スマホが正当な手段で見つかる可能性が高まり、不正利用されるリスクを減らすことができます。

個人情報・機密情報の流出を確認する

紛失したスマホにどのような情報が含まれていたのかを把握し、個人情報や機密情報の流出リスクを迅速に評価する必要があります。これには、データの種類、保存されていた情報の重要性、および可能なセキュリティ対策の有無が含まれます​​​​。企業は、必要に応じて、追加のセキュリティ措置や情報漏洩対策を実施する必要があります。

情報の開示と謝罪

情報漏洩のリスクがある場合、企業は透明性を持って情報を開示し、関係者に対して謝罪することが求められます​​​​。このプロセスは、顧客やビジネスパートナーへの通知、メディアへの対応、および潜在的な影響を最小限に抑えるための措置が含まれます。謝罪をしないまま後に漏洩が発覚した際、企業はより大きな影響を受けてしまう恐れがあります。

これらの対応策を通じて、企業は紛失した社用スマホによって生じるリスクを軽減し、情報セキュリティを保つことに繋がります。紛失時の迅速な対応は、企業の信用やセキュリティ体制を維持する上で不可欠です。それぞれのステップを徹底することで、潜在的な損害を抑え、企業と従業員の双方が安心して業務を行える環境を確保しましょう。

企業ができる社用スマホの紛失対策

社用スマホの紛失は、企業にとって重要なセキュリティ上の問題を引き起こします。紛失する主な原因を理解することは、再発防止策を立てるうえで大切なプロセスです。

外出先での置き忘れ

外出先での置き忘れは、社用スマホが紛失する大きな原因の一つです。会議室や飲食店、公共交通機関など、公の場での忘れ物が多発しています。日常的な注意を払っていても、忙しさや気が緩んだ瞬間にスマホをどこかに置き忘れてしまうケースもあるでしょう。このような置き忘れを防ぐためには、スマホの置き場所を一定にする、持ち物を確認する習慣をつけるなどが効果的です。

盗難による被害

盗難はとくに人が多く集まる場所や公共の場で発生しやすい紛失原因です。手荷物からのすり抜きや、無防備な状態での置き忘れが悪用されるケースがあります。スマホを身の回りでしっかり管理し、不審な行動に注意を払いましょう。また、盗難防止アプリの利用や、スマホにセキュリティコードを設定することも有効な対策となります。

泥酔などによる紛失

社交の場での飲酒が原因で、スマホを紛失するケースも少なくありません。泥酔状態では、物の管理が難しくなり、スマホをどこかに置き忘れたり、落としたりしてしまうことがあります。飲酒する際には、スマホを安全な場所に保管する、または深酒を避けるなどの対策を行いましょう。

これらの紛失原因を理解し、適切な予防措置を講じることで、企業は社用スマホの紛失リスクを大幅に減らすことができます。各企業では、従業員への教育やガイドラインの整備を通じて、これらのリスクを最小限に抑える努力が求められます。

企業ができる社用スマホの紛失対策

紛失した際の対策以上に紛失しないための対策は力を入れたいものです。効果的な方法としてどのような対策が考えられるのかいくつかピックアップしました。

社用スマホの使用ルールを決める

企業は社用スマホの利用に関する明確なルールを設けることが重要です。これには、どのような場面でスマホを使用して良いのか、どの種類のアプリやサービスが利用できるかなど、具体的な内容に落とし込むことが大切です。また、スマホを持ち歩く際のガイドラインも設定し、従業員が常にセキュリティを意識できるようにしましょう。

端末の設定を適切に行う

端末には、パスワードや指紋認証などのセキュリティ機能を適切に設定し、不正アクセスを防ぐべきです。また、データの暗号化やリモートでのデータ消去機能を有効にすることも、情報漏洩を防ぐために有効な手段となります。企業はこれらのセキュリティ機能を最大限活用し、従業員に対してもこれらの設定を適切に行うよう指導しましょう。

紛失時のルールを決める

社用スマホを紛失した際の対応プロセスも事前に決定しておくことが重要です。これには、紛失の報告手続き、連絡先のリストアップ、必要な場合の警察への報告などが含まれます。また、紛失したスマホから速やかにアクセスを遮断し、情報漏洩のリスクを減らすための手順も定めましょう。

MDMツールの導入

モバイルデバイス管理(MDM)ツールの導入は、社用スマホの管理とセキュリティを強化するための有効な手段です。MDMツールを利用することで、端末のリモート管理が可能となり、紛失や盗難の際にはリモートでデータを消去が可能に。また、アプリのインストールやデータのアクセス制御など、従業員のスマホ利用をより細かく管理ができるようになります。

これらの対策を講じることで、企業は社用スマホの紛失によるリスクを大幅に軽減することができます。従業員に対する教育と意識の向上も、これらの対策を成功させるためには不可欠です。

まとめ

スマホの紛失や盗難は、個人情報や社外秘の流出、さらにはサイバー攻撃のリスクを高め、企業の長年にわたる信用を一瞬で失う危険性があります。従業員が業務用スマホを私的に利用しウイルスに感染させるケースも問題です。これらのリスクを回避するためには、従業員への教育やスマホの使用管理が大切です。

また、当サイトでは国産のMDMツールに焦点を当てた情報をまとめています。社用スマホを紛失してしまった際の対策として、また情報セキュリティの向上の一環としてぜひ参考にしてみてください。

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobi
connect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここが
ポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここが
ポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
   
災害・電話網の
障害に強い
SPPM
2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここが
ポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせ
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここが
ポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)