導入後もらくらく運用 MDM比較ナビ » MDMの機能 » アプリの制限・禁止アプリの強制削除

公開日: |更新日:

アプリの制限・禁止アプリの強制削除

アプリの制限・禁止アプリの強制削除とは

スマートフォンやノートパソコンなどのモバイルデバイスにアプリをインストールしますよね。MDMではそのアプリの利用を制限することができます。ホワイトリストやブラックリスト形式を選択したり、利用の制限がかかっているアプリをアンインストールし、無効化を促したり、またポップアップを表示したり、などといった制限方法があります。

MDMでできる事

  • アプリの制限・監視・禁止アプリの強制削除
  • 企業専用のアプリポータルの作成
  • アプリ登録、管理

アプリの制限・禁止アプリの強制削除のメリット・デメリット

メリット

MDMはアプリの一括管理機能も備えています。そのため、デバイス利用者が勝手に不要なアプリ、または危険なアプリをインストールすることを防ぐことができます。

現在ビジネスシーンにおいて必要不可欠な存在であるモバイルデバイス。特にスマートフォンは、会社の従業員すべてに配付しているところも多くあります。ですが、従業員の中にはビジネスにはまったく関係のないアプリを許可なくインストールしたり、見えないところで私的目的に使用したりすることも。こうした勝手なふるまいは、ウィルス感染や情報漏えいを引き起こす原因となってしまうこともあり、大変危険な行為と言えます。
MDMなら利用するアプリを管理下に置けるため、こうした危険のある不正利用を防ぐことができます。仮にインストールしたとしても、遠隔操作で削除することができます。

また、アプリの削除は複数のデバイスに対して、一括して操作を実行できるのも特徴です。
そのため、デバイスに関するシステム担当者は、管理する作業の負担が軽減されることもメリットとなります。

デメリット

MDMをデバイスに導入した場合、アプリの制限・禁止アプリの強制削除が可能ですが、デバイスを管理することはすなわち企業側が従業員のプライベート情報を把握する、ということになります。どんなアプリをインストールしたのか、どんなアプリに興味があるのかなど、趣味や嗜好をのぞき見されて、嫌な気分になる従業員もいるでしょう。
持ち運びができて便利ではあるものの、ビジネスとプライベートの境目がなくなり、自由度が無くなったと、不満を募らせる恐れがあります。

注意点

アプリを制限・削除することによって、従業員や生徒が反発してしまう可能性があるため、そうならないための対策や業務プロセスの見直しが必要と言えるでしょう。

また、MDMには「リモートワイプ」「リモートロック」の機能によって、デバイスを紛失したとしても遠隔でデータを消去したりロックをかけられたりできます。

しかし、デバイスを紛失したことに気づき、作業に入り、完了するまでにはやはりそれだけの時間が当然かかります。またデバイスの電源が入っていないと失敗する可能性もあります。

完璧なセキュリティ対策ではないということを、頭に入れておく必要があります。それらを踏まえたうえで、製品のサポート体制やセキュリティ対策を確認し、その企業や学校に最適なものを選びましょう。

端末のアプリを一元管理できる
国産で月額費用がお安い
MDMツール4選を比較

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)