公開日: |更新日:

MDMでできる事

MDMでできることとは?MDMの基本機能に加え、その他出来ることについて解説しています。

MDMの基本機能

MDMの基本機能は主に3つあります。

  • 複数端末を一括設定
  • 遠隔操作で端末の設定を変更
  • 利用情報の収集

各基本機能について一つずつ解説します。

複数端末を一括設定

MDMでは、管理者が複数の端末を一括で管理・設定できます。セキュリティポリシーやメール、パスワード強制化などが可能です。特定のアプリケーションやファイルのダウンロード制限などもできるため、ウイルスに感染するリスクを下げられます。

遠隔操作で端末の設定を変更

この基本機能があることによって、万が一モバイル端末を紛失、置忘れしてしまってもモバイルにロックをかけることが可能となります。第三者がモバイル端末を閲覧する前に内蔵データを守れるのです。

利用情報の収集

MDMがあれば、モバイルの利用情報を収集することも可能です。私的に使用されていないか、正しく使用されているかなどを遠隔でチェックできます。

MDMでできること

MDMでは、上記の基本機能以外にもできることは沢山あります。

  • 構成プロファイル
  • ゼロタッチ導入
  • インベントリ管理
  • リモートコマンド
  • アプリ管理
  • セキュリティ

例えば、企業や学校などでも用いるアプリなどを配布する際、MDMを使用すればより安全に配布できる「リモート配信」を行えます。リモート配信の配布方法も、アプリを受け取る端末またはユーザーを指定して自動で端末にインストールさせる方法と、ユーザーのセルフサービスによってインストールさせる方法の2つの方法から自由に選択可能です。

より詳細な管理ができるMAM・MCMとは

モバイルデバイス管理を意味するMDMのほかにも、モバイル管理の仕組みに、「MAM」「MCM」というものがあります。

MAMとは

MAMはMobile Application Managementの略。モバイルアプリケーション管理のことで、モバイル端末にインストールされたアプリケーションを管理する仕組みです。MDMはモバイルデバイス全般の管理ですが、MAMはアプリケーションのみの管理の仕組みとなっているため、より詳細に管理できます。

MAMの主な機能としては、アプリケーションの使用禁止や使用許可、必須事項の遂行などが挙げられます。紛失してしまった端末のアプリケーションを遠隔で消去することもできるため、セキュリティ対策にもピッタリなシステムとなっています。

MCMとは

MCMは、Mobile Contents Managementの略。モバイルコンテンツ管理を指します。モバイル端末を用いて業務を行う際に、業務に必要となるコンテンツの中身を管理する仕組みです。特定のコンテンツへのアクセス権限管理やコンテンツ利用の機能制限などがMCMの基本的な機能となっています。

国産で月額費用がお安い
MDMツール4選を比較

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)