公開日: |更新日:

社用携帯の導入とMDM

このページでは、社用携帯を導入するメリットやデメリット、また社用携帯の運用を効率化する上で役立つMDMツールの活用ポイントなどについて解説しています。社用携帯の導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

社用携帯とは?

社用携帯とは、企業が従業員に対して携帯電話やスマートフォンといったデバイスを業務用備品として提供したものであり、個人の携帯端末を業務に利用しない環境づくりに役立ちます。

社用携帯を導入するメリット

社用携帯を導入するメリットには複数のものがあり、対内的にも対外的にも導入効果を検討することが可能です。

情報セキュリティの強化とリスクの回避

社用携帯を導入するメリットの1つとして、情報セキュリティを強化して、重要な機密情報や顧客の個人情報などが漏洩してしまうリスクを回避できることが挙げられます。

現代のスマートフォンや携帯電話は多機能化が進んでおり、写真の撮影やビデオの録画、その他にも様々な機能によって情報を盗み取ったり持ち出したりすることが行いやすくなっています。しかし社用携帯を導入した場合、そもそも業務時間中は個人のスマートフォンなどを持ち込ませない体制を構築できる上、適切な情報管理システムをインストールできるため、情報セキュリティ体制を強化することが可能です。

クライアントとのやりとりが効率化される

個人用のスマートフォンを使っている場合、通話や通信についても各自がキャリアと契約しているプランや内容によって品質が影響します。そのため、状況によっては通話が行いにくくなったり、通信速度が低下して情報媒体へのアクセスが困難になったりするかも知れません。

社用携帯ではキャリアとの一括契約が可能になるため、クライアントとのやりとりや従業員同士のコミュニケーションについても不安を解消できます。

また、スマホ料金の不払いによって従業員と連絡が取れないといったリスクを回避できることも重要です。

その他、信用情報に問題があって携帯電話契約を行えない人でも携帯電話を利用できる点は見逃せません。

携帯端末の管理を行いやすくなる

MDMツールなどを合わせて導入することにより、従業員がそれぞれ持っている社用携帯を一元管理することが可能です。

情報媒体として管理できる体制を整えることで、必要なアプリをインストールしたり、逆に業務で不要と思われるアプリの使用を制限したりといった対策を行いやすくなります。

また、アクセスを制限したいサイトやブロックしたい相手を一括登録しておくことで、悪意のある第三者からの攻撃などを防御しやすくなることは大切です。

業務の品質を高められる

個人のスマートフォンを仕事場へ持ち込んでいる場合、業務に不要と思われる趣味のアプリやゲームなどを利用したり、私的な連絡やメッセージの送受信によって業務への意識がおろそかになったりといった問題も考えられます。

社用携帯では業務に必要不可欠なアプリや機能に範囲を制限してインストールできるため、そもそも業務に無関係な要素を持ち込む可能性を排除できる点が重要です。

社用携帯を導入するデメリット

業務上のメリットを色々と考えられる社用携帯ですが、導入に当たってデメリットが生じることもあります。ここでは社用携帯の導入に伴うデメリットについて考察していきましょう。

導入コストやランニングコストがかかる

当然ながら、社用携帯を導入するためにはスマートフォンなど携帯端末の購入費用がコストとして発生します。加えて、キャリア契約を維持するためのランニングコストが継続的に発生することもデメリットです。

社用携帯は従業員の人数や事業規模に比例して台数も増えていくため、当然ながら企業として大きければ大きいほど導入コストやランニングコストが膨れ上がっていくことは避けられません。また、一定期間ごとに新機種へ買い替えたり、契約内容を見直したりといった作業やコストが発生することも重要です。

その他、社用携帯を管理するための業務や専用ツールの使用料についても考えなければなりません。

私的な利用に使われる可能性がある

社用携帯に高機能スマホや最新機種を用いた場合、業務の効率化を進められる一方で、社用携帯を従業員が私的利用する可能性も増加します。

せっかく個人の携帯電話やスマートフォンの使用をさせないように社用携帯を導入したにもかかわらず、社用携帯をプライベートな目的で利用されては本末転倒です。

そのため、社用携帯を導入する際には本体を配布するだけでなく、必ず管理システムも合わせて導入したり、社用携帯の使い方についてガイダンスやルールを明確化して共有したりといったことが必要です。

置き忘れや盗難リスクが高い

個人のスマートフォンであれば「自分の持ち物である」という意識を保ちやすいですが、社用携帯の場合は人によって注意力が散漫になる恐れもあります。

社用携帯には様々な情報が保存されており、それ自体が重要情報の塊と考えることもできます。そのため、社用携帯の管理意識が低下し、社外へ置き忘れたり盗難に遭ったりといったリスクは必ず想定しなければなりません。

社用携帯を導入する場合、アクセスできる人間を制限したり、使用に際して生体認証やパスワード認証を活用したりと、第三者が容易に情報を閲覧できないよう備えておくことが不可欠です。

従業員のモチベーション低下リスク

社用携帯の使用を徹底して、勤務時間中は個人の携帯の持ち込みそのものを禁止した場合、業種・業態によっては従業員が「会社から監視・束縛されている」といったフラストレーションを溜めやすくなるリスクもあります。

社用携帯の導入で合わせて検討したいMDMツール

社用携帯のメリットを強化しつつ、デメリットを改善する手段として、MDMツールの導入が考えられます。

携帯端末を一元管理する

MDMツールは携帯電話やスマートフォン、スマートタブレットといった各種デバイスを一元管理するためのツールであり、社用携帯とMDMを同時に導入することで効率的な社用携帯管理体制を構築することが可能です。

これにより必要なアプリの一括インストールや、ブロックしたい外部サイトやセキュリティ攻撃をまとめて制限するといったことも行いやすくなります。

端末の紛失リスクに備えられる

携帯端末が紛失してしまった場合でも、MDMツールを使うことで位置情報を検索したり、リモート操作で機能をロックしたりといったことが可能です。

また外部の人間が使用している形跡やログなどを確認・保存して、証拠として保全もできます。

求める機能に合ったMDMツールを選ぶ

MDMツールには様々な種類や契約プランがあり、内容によって得られる機能や管理できる台数なども異なります。そのため社用携帯の導入に合わせてMDMツールを導入する場合、必ずニーズや機能のマッチングを行った上で比較検討を行ってください。

低コストで導入しやすいMDM一覧はこちら

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobi
connect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここが
ポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここが
ポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
   
災害・電話網の
障害に強い
SPPM
2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここが
ポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせ
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここが
ポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)