導入後もらくらく運用 MDM比較ナビ » MDMに関する基礎知識 » MDM導入で期待できる
セキュリティ強化とは?

公開日: |更新日:

MDM導入で期待できる
セキュリティ強化とは?

MDMは、様々な端末を一元管理できるなど多くのメリットがあるシステムです。具体的にMDMを導入することで強化できるセキュリティ面についてみていきましょう。

MDM導入で期待できる3つのセキュリティ強化

紛失・盗難時の情報漏えい防止

端末を外部に持ち出すことで紛失や盗難するリスクも高まり、端末の中にある情報が外部に漏洩する恐れもあるでしょう。もし対策も一切していない状況であれば情報漏洩によって、企業としてのイメージダウンだけにとどまらず経営にも使用をきたしかねません。 MDMでは管理者が遠隔で操作することが可能で、端末に対し一時的に利用を制限するロックをかけられます。さらに端末内のデータを削除するワイプ機能が搭載されている製品も多いので、万が一の時にも安心でしょう。

不正サイトへのアクセス防止

自由にサイトやアプリなどを利用できる状態にしておけば、悪質なサイトにクリックしてしまうリスクがあります。その結果、ウイルスが侵入し、データを盗まれる、消去される、脅されるなどの問題を抱えることに。また業務以外の使用を許すことで、生産性が下がり、業務の効率が悪くなるといった問題も発生します。MDMを導入することで端末の制御やアプリなどの利用制限の機能が活用できるため、ウイルスプログラムのインストールを事前に食い止め、業務に必要のないアプリなどを無効化することも可能です。安全に端末を活用できる状態をキープできるでしょう。

利用状況等の端末情報

端末をスタッフだけで管理してしまうと、どのような利用の仕方をしているのか管理責任者として把握が難しくなってしまいます。しかしMDMを活用することでOSのバージョンやインストールされたアプリなどの情報も把握でき、各端末の利用状況をチェックすることが可能です。もし運用ポリシーに反している端末があれば、スピーディに発見しやすくなるでしょう。

MDMの活用シーン

内部の不正使用防止に

悪質なアプリをインストールすることで、ウイルスに感染しやすくなり、端末の情報が抜き取られるなどの被害が生じてしまいます。MDMを導入することで、インストールできるアプリを制限することが可能です。業務に不要なアプリもインストールされることもないため、ウイルスの感染や情報漏洩のリスクも抑制できるでしょう。また徹底的に内部の不正使用防止を行うことで、セキュリティ対策だけでなく、業務の効率化アップも図れるなどのメリットもあります。

BYODへの対応として

従業員を数多く抱える企業にとって、各スタッフに専用の端末を支給するのは非常に経済的負担が大きくなるでしょう。その負担を減らすためにBYODと呼ばれる仕組みがあります。BYODとはBring Your Own Deviceの略で、従業員が個人で所有している端末を業務にも利用するといった方法です。BYODを採用することで企業は端末支給コストを削減でき、低コストで活用できるメリットが生まれます。導入コストや肘日を抑えたいという企業は、BYODの導入も検討すると良いでしょう。ただ個人が所有している端末を利用することで、企業の情報が外部に漏れやすくなるといったリスクは高まってしまいます。そのため導入する際にはメリット・デメリットを踏まえて検討しなければなりません。

利用端末の操作ログを「見える化」

MDMのほとんどの製品にはログ管理機能が搭載されています。このログ管理機能を活用することで、スタッフの端末利用状況を把握しやすくなるでしょう。電話の発着信だけでなく、アプリの利用時間やインストールの状況など事細かな情報を取得できます。また事前に管理されていることを発信するだけでも、端末の私的利用や内部不正の抑止効果も期待できる機能です。

まとめ

企業が機密事項や個人情報などをモバイル端末で管理するのは、今の時代に必要なことでしょう。しかし従業員がモバイル端末を持ち運ぶことによって紛失や盗難のリスクが上がり、またウイルス感染などもしやすい状況があります。MDMを活用することで、紛失・盗難時にも迅速にセキュリティ対策を講じることができ、また端末管理もしやすくなるでしょう。情報漏洩などのリスクに備えるためにも、MDMの導入も検討することが大切です。ただMDMといってもシステムによって機能やサポート体制が異なるので、自社に合った製品を選ぶようにしましょう。

国産で月額費用がお安い
MDMツール4選を比較

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)