導入後もらくらく運用 MDM比較ナビ » MDMに関する基礎知識 » IT資産管理ツールとMDMは同じもの?

公開日: |更新日:

IT資産管理ツールとMDMは同じもの?

このページでは、社内のパソコン端末を管理する「IT資産管理」と、従業員に貸与するスマートフォンといったモバイル端末を管理する「MDM」について、それぞれの違いや特徴を解説しています。

そもそもIT資産管理ツールとは?

IT資産管理ツールとは、オフィスや店舗・各支店で従業員が利用するパソコン端末(PC端末)の管理作業をサポートできるツールです。一部ではモバイル端末にも対応している場合もありますが、IT資産管理ツールはパソコン端末のみが管理対象と理解しておきましょう。

IT資産管理の作業内容は、パソコン端末にインストールしたOSやソフトウェアの種類やバージョンの把握、およびアップデート状況の把握と管理が主になります。もし有料のソフトウェアを利用している場合は、ライセンス形態や購入状況の把握も必要です。

IT資産管理ツールを使うと、個別に確認せずともパソコン端末すべてのOSやソフトウェアを一元管理できます。他にもリモートでの操作や、ファイルの共有化やユーザーログイン状況のデータ収集を自動で行ってくれる機能も。資産管理の作業を大幅に効率化できるツールです。またクラウド環境ではなく、オンプレミス環境と呼ばれるサーバやネットワーク機器を自社で保有し運用する環境で導入できるツールが多いのが特徴です。

そもそもMDMとは?

MDMはスマートフォンやスマートタブレットといった「モバイル端末」の管理に特化しているツールです。MDMツールで管理できるOSはAndroidやiOSといったものがベースとなり、管理対象もAndroidスマホやiPhone、iPadといったものがメインとなります。

MDMを利用すると、各従業員が使用している社用スマホやタブレットの管理がしすくなります。不要なアプリの使用を制限するだけでなく、万が一にスマホを失った時でも管理者がリモートで場所を特定・操作ロックできるようになるので、セキュリティ面でも活用が期待できます。MDMはクラウドを土台として活用されているツールが多く、特にiPhoneやiPadではMDMを活用できる専用ネットワークやサービスが提供されているのも特徴です。

MDMツールとして、各企業から様々なシステムやサービスが提供されています。MDMツールを導入する場合は、自社の環境に合わせて選ぶのが肝要です。

IT資産管理とMDMは異なる

基本的な概念として、IT資産管理(パソコン端末管理)とMDM(モバイル端末管理)は別々のシステムと考えられます。一部重複しているサービスや機能の中もありますが、IT資産管理とMDMで管理対象が異なるのが大きな違いです。

大半の業務環境においてパソコン端末を使用していますが、それ以上にスマホやタブレットといったモバイル端末を社用・プライベート用を問わず所有している状況です。ただし企業によってどちらの端末をメインで使用しているか、管理やセキュリティを強化したいかは違ってくるでしょう。

IT資産管理やMDMの導入を検討する場合、自社のニーズやツールを使う目的を考えた上で比較検討しなければなりません。なおオンプレミス環境で動作するIT資産管理の場合、事前に管理サーバを自社内に構築する準備作業が必要になる点に注意しましょう。機能だけではなくコスト面や導入までの期間にも違いがあるので、総合的に比較検討して効果的なツールを選ぶと良いでしょう。

IT資産管理とMDMはなぜ分かれているのか?

パソコン端末が企業の業務で一般に使われはじめたのは1990年代であり、当時はスマートフォンやスマートタブレットといったデバイスが存在していませんでした。またパソコンのOSとしてWindowsとMacが世界的に普及し、現在も一般的にはどちらかのOSを使用しているパソコン端末が多数です。

一方モバイル端末であるスマートフォンやスマートタブレットは、2000年代の初め頃にiPhoneが誕生したあたりから急速な勢いで普及しました。携帯電話をベースとしつつも多機能を備えたスマートデバイスやモバイル端末には、パソコン端末とは異なる独自のOSが普及しました。

OSの違いからパソコン端末とモバイル端末では、管理すべきシステムやプログラムが異なるため、それぞれに特化した管理ツールが必要になりました。現在でもIT資産管理とMDMは、端末の違いから個々に価値を発揮しているのが特徴です。

まとめ

社内でほとんどパソコンを使っておらず、スマホやタブレットを業務で活用している場合、導入すべきはMDMになるでしょう。一方、オフィスビルでパソコン端末を一元管理するような場合は、IT資産管理ツールが有効になります。

IT資産管理とMDMでは、目的や対象とするデバイスが異なります。まずは自社にとってどのようなデバイスの管理が必要なのか、ニーズを明確化した上で商品の性能や特徴を比較検討するようにしてください。

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobi
connect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここが
ポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここが
ポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
   
災害・電話網の
障害に強い
SPPM
2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここが
ポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせ
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここが
ポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)