公開日: |更新日:

MDMの仕組み

MDMはスマートフォンやタブレットといったモバイル端末を一元管理するシステムです。このページでは、MDMの仕組みについて初心者でも理解しやすいように解説していますので、ぜひMDMの導入を検討する際は最初の参考としてご活用ください。

MDMの2つの方式

企業がMDMを導入する場合、一般的には「ボーリング方式」と「プッシュ方式」の2つから適したものを選択することになるでしょう。

ここではそれぞれのシステムの仕組みについてまとめています。

ポーリング方式

ボーリング方式とは、管理者の端末とMDMサーバーとが定期的に通信を行って情報を共有している方式です。比較的シンプルな方式となっており、複雑な設定やフローの構築が不要であるため、導入までのハードルが低めというメリットもあります。

反面、管理端末とMDMサーバーとの間で通信料が大きくなっていくと、デバイスの消費電力も大きくなってバッテリーの消耗が加速します。そのため、業務中に端末が電池切れになってしまうリスクがあり、モバイルバッテリーなどの対策が必要です。

プッシュ方式

プッシュ方式は、管理者の端末とMDMサーバーとの間にネットワークを構築した上で、必要に応じて任意の端末へアクセスする通信方式です。対象の端末を呼び出す方法としてはSMSを経由する場合と、プッシュサービス(プッシュ通知)を活用する場合があり、特にSMS方式ではキャリアの電話回線を活用して認証リクエストを通知して連携を開始します。必要な時にだけ連携ができるため、バッテリー残量の温存に役立つ上、SMSを使って速やかなコミュニケーション体制も確立しやすくなっていますが、通信する際は電話回線を使わなければならず電話非対応のデバイスでは利用できません。そのため、Wi-Fi接続専用端末を利用するような場合、必然的にプッシュサービスを活用する方式が選択されます。

プッシュサービスは、それぞれのモバイル端末OSに対応したサーバーを活用してリクエストを送受信します。インターネットへアクセスできる環境があれば、電話回線を利用できないデバイスでも利用できるため、通信料金を削減したい場合などに有効です。

iOSではプッシュサービスのみを利用可能

iOSを搭載したデバイスを利用している場合、MDMにもApple専用「APNs:Apple Push Notification Service」サーバーを用いることがポイントです。このため、iOSデバイスではプッシュサービスのみが利用可能という点は要注意でしょう。

なお、電話としてiPhoneを利用している場合でも同様であり、APNsにプッシュ通知を要求して操作することが必要です。

まとめ

MDMを利用する場合、管理者端末とデバイスとをつなぐ方法として、まずボーリング方式とプッシュ方式があり、さらにプッシュ方式であればSMS方式とプッシュサービス方式に分類されます。

それぞれのキャリアやデバイスのOS、業務環境などによって適した方式が異なるため、自社の条件にマッチした方法をプランニングするようにしましょう。

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobi
connect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここが
ポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここが
ポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
   
災害・電話網の
障害に強い
SPPM
2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここが
ポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせ
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここが
ポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)