公開日: |更新日:

MDM導入までの手順を知る

初めてMDMを導入する企業にとって、どのような流れでシステムを利用していくのか分からないこともあるでしょう。このページではMDMを導入するまでの手順について分かりやすく紹介するので、MDMを検討中の方は参考にしてください。

MDMを導入する流れ、ステップ

MDMを導入する際の一般的な流れを具体的に見ていきましょう。もちろんシステムによっても異なるので、少しでも分からないことがあれば導入する会社に相談してください。

MDM使用条件の検討

まずはMDMを使用する条件について検討しましょう。たとえばモバイルデバイスを活用する範囲や、どんなサイクルで活用するかなどを決めていきます。たとえば効率や利便性アップのために社外ネットワークから企業内のネットワークへの接続を要求されることがあり、企業内のネットワーク自体には従来のパソコンを対象としているセキュリティポリシーや権限認証歯科設けていないケースも多いでしょう。そこでセキュリティポリシーがしっかりと確保できている端末環境だけの接続を認めるなどの仕組みを用意するのが理想的です。

ポリシーや権限の取り決め

MDMを導入する際に、利用シーンに合わせてセキュリティポリシーや権限を取り決めることも大切です。スマホやタブレットなどの端末を管理するかどうか、接続の条件としてキャリア通信までかWi-Fi通信までか、接続できるエリアは社内か国内か海外までなのかなどを細かく設定していきます。この条件によって、選ぶMDMサービスも異なるため慎重に検討していきましょう。

設定や使い方のテンプレートを作成

MDMを導入すれば、多くの端末を一元管理できるため、組織内の階層ごとのセキュリティポリシーをテンプレート化しておくと非常に便利です。たとえば営業職向け、社内スタッフ向け、個人用端末の業務利用向けなどに対し、使い方や設定などのテンプレートを作成しておきます。

各MDMサービスを比較検討

MDMシステムを導入するにあたって、数多くのシステムから自社に適した商品を選択する必要があります。コスト・サービス内容・アフターフォローなど様々なので、自社のニーズや予算などを総合的に判断し、検討していくことが大切です。

MDMシステムはクラウド型とオンプレミス型に大きく分類されています。まずはどちらのタイプにするか選ぶことから始めましょう。クラウド型はMDMサーバーがクラウドにあるため、複数の企業での共用サービスです。初期費用を抑えたい企業や運用不可を小さくしたいと考える企業に最適でしょう。一方オンプレミス型はMDMサーバーが製品として設置するタイプのシステムです。独自のセキュリティポリシーに準じた運用管理ができるなどのメリットがあります。

導入と始動

導入するMDMが決まれば、実際に導入していきます。端末の設定を進めていき、独自のセキュリティパラメータのテンプレートを活用し、初期設定を進めます。また端末によって例外設定を行う場合には、端末の使いまわしなどの不正利用を防止するための対策も講じなければなりません。

モニタリング

MDMを導入すれば、全て完了というわけではありません。導入後に改善したい点はないか、問題が発生していないかモニタリングを行うことが大切です。

  • 端末ごとのロックやアンロックができるか
  • 保存領域が暗号化されているか
  • アラートメールがトラブルなく送信できているか
  • ソフトウエアの数量が管理されているかどうか

上記のような内容を確認するようにしましょう。もし問題が発生していれば設定の変更やテンプレートの見直しも必要になってきます。定期的にモニタリングを行い、その都度、対策を講じるようにしてください。

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobi
connect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここが
ポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここが
ポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
   
災害・電話網の
障害に強い
SPPM
2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここが
ポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせ
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここが
ポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)