導入後もらくらく運用 MDM比較ナビ » MDMに関する基礎知識 » 中小企業にMDM(モバイルデバイス管理)の導入は必要?

公開日: |更新日:

中小企業にMDM(モバイルデバイス管理)の導入は必要?

このページでは、特に中小企業の条件やニーズとMDM(モバイルデバイス管理)の相性や関係性について解説します。中小企業にとってMDMは必要性や導入メリットを感じられるツールなのか、改めて考えていきましょう。

中小企業にもMDMは導入すべきツールなのか?

業務でスマートフォンなどが必要になる中小企業の場合、従業員のプライベート端末を使わせることは情報セキュリティの観点からリスクがあるため、社用端末とMDMの導入が望ましいと考えられます。

そもそも論として、MDM(モバイルデバイス管理)はスマートフォンやスマートタブレットといった複数のモバイル端末を一元管理して、業務効率の向上や情報セキュリティの強化、従業員の労働意欲の増進といったメリットを追求していくためのツールです。

複数のモバイル端末を従業員に貸与していたり、様々な場所や複数の拠点などで同時にモバイル端末を利用したりする場合、MDMを導入するメリットはあります。

中小企業が警戒すべきモバイルセキュリティ

情報漏洩のリスク

まずMDMを使わずにモバイル端末を業務利用させることで考えるべきセキュリティリスクが、情報の漏洩や流出です。

中小企業であれ大企業であれ、業務上、色々な情報を取り扱います。中には企業秘密や顧客の個人情報、取引先との守秘義務に関する情報などもあるでしょう。

MDMを利用せず、セキュリティ対策についても考えられていない状態のモバイル端末を業務に使用していると、情報の漏洩や流出リスクが高まります。

ウイルス感染や乗っ取りによるリスクの拡大

従業員が不正なアプリをインストールしたり、怪しいファイルをダウンロードしたりした場合、モバイル端末がウイルスに感染して、さらにそこから他の端末は取引先、顧客などへウイルスが拡散されるリスクもあります。

パスワードやIDの多段階認証といった対策が取られていなければ、アカウントや管理ページに第三者によるアクセスや乗っ取りなどのリスクもあるでしょう。

従業員の集中力の低下

MDMを利用していない場合、従業員がそれぞれ自身の利用端末へ好きなアプリやデータをダウンロードしたりインストールしたりできます。その結果、業務に関係ないアプリなどを頻繁に使用するようになると、仕事に対する集中力が低下して二次被害を発生させるかも知れません。

デバイス紛失・盗難時のリスク

MDMを導入している場合、従業員が社外でスマートフォンをなくしたり、どこかにタブレットを置き忘れてきたりしても、管理者がリモートで機能をロックして追跡することが可能です。

MDMの導入でモバイルセキュリティ対策を強固に

MDMを導入することで従業員が業務中に利用するモバイル端末の情報を一元管理し、また利用法などについてもマニュアルを設定して安定した運用に繋げられます。

MDMを導入したからといって全ての情報セキュリティリスクやモバイルセキュリティリスクをまとめて解決できるとは限りません。しかし安心感のある利用環境を構築するとともに、従業員に対しても「業務用のモバイル端末である」と改めて認識させられることは重要です。

MDMにはメーカーやツールによって様々なセキュリティ対策機能が搭載されていることもあります。各ツールの特性を理解し、自社の業務との親和性を考えることでより一層のセキュリティ対策の構築が可能になるでしょう。

まとめ

MDMの導入メリットや必要性について考える場合、そもそも企業としてどのようなモバイル端末の使い方をしているのか、業務全体を通した確認が必要です。

どのような業種・業態であっても、現代企業にとってモバイル端末は多かれ少なかれ利用価値があるものであり、業務を行う上で無くてはならないものになっているでしょう。

MDMの導入にはコストがかかりますが、コストに見合った価値を追求できるよう、改めて自社の体制を考えていきましょう。

低コストで導入しやすいMDM一覧はこちら

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobi
connect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここが
ポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここが
ポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
   
災害・電話網の
障害に強い
SPPM
2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここが
ポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせ
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここが
ポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)