公開日: |更新日:

SPPM 2.0

SPPM2.0を実際に導入した企業の口コミ・評判を調査しました。SPPM2.0のサービス概要・特徴についてもまとめています。

SPPM 2.0 3つの特徴

企業向けの高度なセキュリティ機能

SPPM2.0はAndroid Enterprise Recommendedに認定(※)されているMDMサービス。Google社の求める厳しい機能水準とサポート水準を満たしていることを証明しています。従来のOS標準機能では行えなったセキュリティレベルの高い機能を実現。ユーザー追加制御や端末ロック解除のパスワード初期化といったさまざまな機能が備わっています。

※参照:SPPM 2.0公式HP(https://www.sppm.jp/press/「sppm2-0」が2020年度にandroid-enterprise-recommended-新規認定/)

個体識別IDで端末を識別

MDMサービスの中には、電話番号で端末を識別しているものも少なくありません。しかし、電話番号で端末を識別する場合、SIMカードを抜かれたとたんに管理が出来なくなってしまうという問題点があります。SPPM2.0は個体識別IDで端末を識別するため、SIMカードを抜かれても端末を識別可能。いつどこでも端末を管理できます。

直感的な操作性

SPPM2.0は管理画面の見易さも大きな特徴。ユーザーインターフェースがわかりやすいため、直感的な操作性で運用効率アップにつなげられます。直感的に操作できるという点は多くの導入企業から評価されており、MDMを導入したことのない企業でも扱いやすいMDMといえるでしょう。

SPPM 2.0 企業からの評判

導入前の対応に関する口コミ・評判

マニュアルがしっかりしている

MDMで必要な機能はほぼ網羅されています。AndroidとiOSが同じシステム内で管理できるのも良いです。遠隔から管理しているスマートフォンに対してアプリをサイレントインストールできるのも評価点。マニュアルもしっかりしています。

※口コミ参照元:ITトレンド(https://it-trend.jp/mdm/10047/review/21143)

600台の端末を一括設定

600台の端末を一括で設定できました。端末をMDMからIDでまとめて管理できるため、端末ごとにアカウントを取得・設定する手間が必要ありません。初期状態でインストールされている不要なアプリも簡単に削除できます。

※口コミ参照元:SPPM2.0公式HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/導入事例-8/)

機能に関する口コミ・評判

動作中もスマホが重くならない

社員全員のモバイル端末にインストールして管理しています。動作中もスマートフォンが重くなることもなく、立ち上がっていることも気にならないほどです。紛失した際にも遠隔で端末ロック・データ削除ができ、情報漏洩を防げます。

※口コミ参照元:ITトレンド(https://it-trend.jp/mdm/10047/review)

Android端末の管理に便利

Android端末の管理・制御ができます。アプリの自動インストール機能が便利で、アプリの一括配信が可能になりました。設定が苦手な社員でもある程度設定が出来るようになり良かったです。

※口コミ参照元:ITトレンド(https://it-trend.jp/mdm/10047/review)

導入後のサポートに関する口コミ

企業の個別ニーズにも柔軟に対応

OSバージョンアップや企業の個別ニーズなどに対し、柔軟に対応してくれます。オプションサービスもたくさんあって良いです。個人利用のアプリケーションダウンロードをブラックリストにして、利用制限をかけることで従業員の抑止効果を得られました。

※口コミ参照元:ITトレンド(https://it-trend.jp/mdm/10047/review/20395)

SPPM 2.0の料金プランと機能

初期費用:なし

  • SPPM2.0 ASPサービス基本機能パック 月額165円(税込)/台 (機能:端末管理ステータス管理/ポリシー設定端末適用/利用状況把握・ログ収集/緊急時リモートロック&ワイプ&リモートデータ削除/異常状態検知・通報/Agentアプリリモート管理/グループ管理/管理者権限分散設定/root化検知/JailBreak検知)
  • SPPM2.0 ASPサービスフル機能パック 月額330円(税込)/台 (機能:端末管理ステータス管理/ポリシー設定端末適用/利用状況把握・ログ収集/緊急時リモートロック&ワイプ&リモートデータ削除/異常状態検知・通報/Agentアプリリモート管理/グループ管理/管理者権限分散設定/root化検知/JailBreak検知)

国産で月額費用がお安い
MDMツール4選をチェック

オプションで追加できる機能

  • ウィルス/マルウェア対策オプション
  • データ暗号化オプション
  • URLフィルタリングオプション
  • 運用支援オプション

SPPM 2.0の導入企業一覧

ピーアークホールディングス株式会社/三井住友海上火災保険株式会社/古野電気株式会社/生活協同組合コープさっぽろ/株式会社前川製作所/広島県信用組合・信用組合広島商銀・両備信用組合/江崎グリコ株式会社

SPPM 2.0の導入事例

ピーアークホールディングス株式会社の導入事例

高いセキュリティ性の維持

パチンコホールやカフェなどを経営する企業で、各店舗スタッフに社内コミュニケーションに必要なモバイル端末を導入。セキュリティの維持のためにスクリーンショットの無効化や通信制限などを可能とするMDMツールで、グループごとに端末を一元管理できる点がメリットです。

※参照元:SPPM2.0 導入事例 MDM-SPPM2.0(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/導入事例-8/)

三井住友海上火災保険の導入事例

効率的に業務が行えるようになった

全社で6,000台のタブレット端末を利用しており、MDMツールの導入でタブレットからの情報漏洩リスクを軽減し、リモートアクセスツールで安全性を担保できるようになりました。空いた時間を使ってその場で社員が業務を行えるようになり、生産性の向上と対応力アップに繋がりました。

※参照元:SPPM2.0 導入事例 MDM-SPPM2.0(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/導入事例-2/)

古野電気株式会社の導入事例

簡単な操作性と純国産のツール

社員は現場に出ることが多いため、小型・高機能なスマートフォン端末で生産性の向上を狙いました。悪用や紛失などのリスクが懸念されるため、端末管理にMDMツールを導入。純国産のツールである他、迅速な機能開発・改善が期待できる点が決め手であり、操作も簡単で迷うことはありませんでした。

※参照元:SPPM2.0 導入事例 MDM-SPPM2.0(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/導入事例-3/)

SPPM 2.0の概要

導入タイプ クラウド・オンプレミス
対応デバイス iOS/Android/Windows
開発国 日本
基本機能・オプション 端末管理ステータス管理/ポリシー設定端末適用/利用状況把握・ログ収集/緊急時リモートロック&ワイプ&リモートデータ削除/異常状態検知・通報/Agentアプリリモート管理/グループ管理/管理者権限分散設定/root化検知/JailBreak検知
トライアル あり(30日間)
OS自動アップデート あり
サポート内容 サポートデスク

SPPM 2.0の運営会社の概要

企業名 株式会社 AXSEED(アクシード)
所在地 東京都渋谷区渋谷 2-12-19 東建インターナショナルビル 8F

まとめ

高度なセキュリティ機能を備えたMDM

SPPM2.0はAndroid Enterprise Recommendedに認定(※)されている高度なセキュリティ機能を備えたMDMサービスです。端末の識別方法が個体識別IDのため、SIMカードを抜いた端末でも管理可能。直感的に操作できるユーザーインターフェースのわかりやすさも大きな特徴です。MDMを初めて導入する企業でも使いこなしやすいMDMサービスといえます。

MDMは、月額料金や対応OS、使い勝手が会社によってそれぞれ異なります。自社にあうMDMを選ぶ際は、ほかのMDMと見比べたうえで、トライアルを試すようにしましょう。

※参照:SPPM 2.0公式HP(https://www.sppm.jp/press/「sppm2-0」が2020年度にandroid-enterprise-recommended-新規認定/)

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)