公開日: |更新日:

生徒たちのタブレットの私物化

生徒たちのタブレットの私物化

学校で導入したipadなどのタブレットを、生徒が私物化することがあります。その事例と、MDMで解決できることをご紹介していきます。

生徒たちのタブレットの私的利用

支給されたタブレットを私的利用するのではないかという不安を持っている方も多いのではないでしょうか。

こんなケースがあります。

とある高校が、1学年全員にスマートフォンを提供しました。使用制限をかけることのできるアプリを採用し、必要のないゲームアプリなどはダウンロードができないように設定しています。

ところが生徒の方で、スマホを初期化することで、好きにゲームアプリのダウンロードができるということを突き止めてしまいます。無断でゲームをダウンロードし、遊びに使う生徒が続出。ひどい時には学校が管理しているパスワードを不正で入手して課金したり、ゲームのし過ぎで学校を休んだりということが起こりました。

こうしたことから、学校は導入して半年という短さで、スマートフォンを解約する羽目になってしまいました。

大人がしっかり設定したつもりでも、セキュリティは決して万全ではないことがわかりますね。

ガチガチに制限するとデメリットも

私的利用されるのが不安だからといって、上記のエピソードのようにガチガチに制限してしまうケースはよく見られます。ですがこれでは、生徒児童たちのITスキルや情報モラルおよび情報リテラシーの向上を阻害しかねず、結局学習意欲が上がらない、ということにもなります。

従来のアナログのやり方をデジタルに変えただけで、これからの子どもの育成などといった本来の目的から大きく離れたものになってしまい、タブレット端末を導入した意味がないということになりかねません。

MDMで解決できること

タブレット使用の監視

アプリの利用制限を設定することで、情報セキュリティのリスクを抑えることが可能です。 利用制限方法は、使用できるアプリは管理者が許可したものだけという「ホワイトリスト方式」、不要なアプリを定めて利用を制限するという「ブラックリスト方式」の2種類です。

また、定期的に端末内の監視を行い、アプリを追加や削除したり、また違反のアプリを強制削除したり、利用に関する情報を取得したりする機能を備えているMDMもあります。

盗難・紛失対策

端末が紛失、または盗難され、学校外の第三者の手に渡ったとき、遠隔からデータすべておよび一部を削除するワイプ機能を使うことによって、情報漏洩を防ぐことができます。その学校が失うであろう信用も守る保険となります。

生徒のタブレット活用状況を見守る

端末に入っているアプリがどのようなものか、不正改造がないかなど、端末の利用状況を把握する機能も備わっています。うまく活用すれば、決められた制限の中で生徒児童の自主性や、失敗したとしても学びにつなげられるよう見守ることのできる環境を、実現することができます。

使用可能なアプリ一覧を配布できる

学習に活用できるアプリを使いたいときには、学校側はタブレットをわざわざ回収してセットアップをしなくても、手を触れずにアプリの配信が可能。生徒児童は知らない間に自身のタブレットに学習アプリがインストールされています。このように、生徒児童の学習環境をすぐに整えることが可能となっています。

国産で月額費用がお安い
MDMツール4選を比較

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)