公開日: |更新日:

フレキシブルオフィスとは

フレキシブルオフィスとは?

フレキシブルオフィスは一般的なオフィスとは違い、複数の企業やフリーランスで働く人が共有しながら柔軟に使える場所を指します。
設備やプランごとにさまざまなオフィスがあり、働き方に沿って選ぶことができます。

フレキシブルオフィスの種類

コワーキングスペース

コワーキングスペースは、個人や企業など複数が共有するオープンスペースです。
単にスペースだけを提供しているのではなく、あらかじめネット環境やOA機器などの設備が整っているのがポイント。

シェアオフィス

シェアオフィスもコワーキングスペースと同様に、個人や企業など複数が共用し使います。
ただ、実際のところでは、コワーキングスペースとシェアオフィスに明確な分類はありません。
強いて挙げるなら、シェアオフィスにはオープンスペースと個室の両方が用意されていることが違いと言えます。

サービスオフィス

コワーキングスペースやシェアオフィスと同じく、仕事に必要な設備が整えられていますが、オープンスペースがなく、個室のみであることがほかとの違いです。

フレキシブルオフィスのメリット・デメリット

フレキシブルオフィスのメリット

コスト削減になる

都市部のオフィスを持つとなると土地も建物も費用が高くついてしまいます。
しかし、フレキシブルオフィスを複数設置することで、都市部のオフィスのスペースを減らし、コスト削減につなげることができます。
と、同時に、通勤にかかっていた費用や社員の負担も減らすことができます。

拠点を低コストかつスピーディに増やせる

支社や支店を持つとなると、土地や建物の用意、さらには設備の導入などに多くの時間と費用がかかります。
対してフレキシブルオフィスはネット環境やOA機器などがあらかじめ整えられているので、拠点を低コストかつスピーディに導入することができます。

ほかの企業とのコミュニケーションが生まれる

フレキシブルオフィスには自社以外にもさまざまな会社の社員やフリーランスで仕事をしている人々が集まっています。
普段はなかなか関わることのなかったような人々ともコミュニケーションを持つことができ、情報交換の場になります。

フレキシブルオフィスのデメリット

フレキシブルオフィスなど、テレワークのデメリットと言えるのが勤怠管理の難しさです。
在宅勤務であれば社員の居場所は把握しやすいのですが、フレキシブルオフィスの場合は勤務形態によっては自宅とフレキシブルオフィスのどちらにいるか曖昧になってしまうケースも。
いざというときトラブルのもととなるため、フレキシブルオフィスを導入する際は勤怠管理システムを構築するのがおすすめです。

フレキシブルオフィス導入時の注意点

フレキシブルオフィスはオープンスペースを利用するため、ネット環境やOA機器が共有であることがほとんどです。
他企業への情報漏洩を防ぐためにもセキュリティー対策は万全に。
デスクを離れるときは書類やパソコンが他人の目にふれないよう配慮しましょう。

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)