公開日: |更新日:

moconavi

MDMの導入を検討している人に向けて、サービスを提供している「moconavi(モコナビ)」の機能や口コミなどをご紹介していきます。

moconavi(モコナビ) 3つの特徴

MAM市場の中でも高いシェアを誇る

「moconavi(モコナビ)」は、MAM市場の中でも4年連続シェアNo.1を誇るテレワークプラットフォームサービスです。(※)moconavi(モコナビ)の特徴は、端末のアプリを管理できるMAMが導入されているということ。

MAMはMobile Application Managementの略語で、タブレット端末やスマートフォンなどといったスマートデバイスにインストールされたアプリケーションをコントロールする仕組みのこと。 業務において使用されるアプリケーションにて扱うデータが流出してしまうリスクを防ぐ目的で使用されるのが主で、それぞれの企業で個人所有の端末を仕事に活用しているケースが多い現在では、さまざまな業種で活用されています。

※2012年~2016年 ミック経済研究所調べ
参照:moconavi(モコナビ)HP(https://moconavi.jp/service/)

MDMとの併用が可能なMAMサービス

「moconavi」は、すべてのMDMと併用することができるようになっています。一番の特徴は、アプリから社内のスケジュールや設備予約、ワークフローなどのグループウェアはもちろん、CRM(クラウドストレージ)やクラウドストレージなどに安全で滞りなく接続して、テレワーク環境を構築することができることです。 また、業務上のデータは端末内に残さない仕組みになっています。万が一紛失したり、盗まれたりした場合でも、リモートロック・リモートワイプを実行する必要がないのも特徴です。

導入・利用が簡単にできる

「moconavi」は、クラウド型とオンプレミス型、どちらの環境でも導入が簡単にできます。管理画面でサービス設定を行い、「moconavi」ソフトウェアを端末にインストールするだけ。 クラウド型なら最短3営業日で利用することが可能となっています。 これからテレワークを導入していこうと思う企業にとって、強い味方となることでしょう。

moconavi(モコナビ) 企業からの評判

導入前の対応に関する口コミ

セキュリティーを重視しました

端末側にデータが残らないことも重視し、いくつかの製品を検討しました。結果、moconavi(モコナビ)ならシンプルにセキュリティを守れると思い、トライアルを開始したのち、問題がなかったので使うことを決定しました。

※口コミ参照元:moconavi公式HP_近鉄不動産株式会社(https://moconavi.jp/casestudy/kintetsu_real-estate/)

導入コストを抑えられた

導入コストを抑えることができる点、電話連携もできる点で決めました。以前使っていたツールと比較しても機能面は同じで、さらにデータが端末に残らないので情報漏えいのリスクが少ないところがいいですね

※口コミ参照元:moconavi公式HP_株式会社清水建設(https://moconavi.jp/casestudy/shimizukensetsu/)

導入前の対応に関する口コミ

気軽にメールが確認できる

moconaviを導入してからは、メールの送受信はもっぱらスマホだけで行っています。添付ファイルも表示されるのでスムーズに利用できています。以前のようにMicrosoft Surfaceを持ち歩かず、身軽です。

※口コミ参照元:moconavi公式HP_セゾン投信株式会社(https://moconavi.jp/casestudy/saison/)

電話帳が活用できてとても便利です

クラウド名刺管理の「SaaS」を活用することが年々多くなっているのですが、moconaviなら接続できるSaaSが多くて便利です。連携させることで、こんなに電話帳が活用できるとは嬉しい驚きです。

※口コミ参照元:moconavi公式HP_株式会社清水建設(https://moconavi.jp/casestudy/shimizukensetsu/)

導入前の対応に関する口コミ

これまでの手間も省けます

これまでは使うときにIDとパスワードをいちいち入れていたのですが、moconaviは顔認証をサポートしているので、非常に便利だと感じています。ほかにもいろんな機能がついているので、在宅勤務に役立っています。

※口コミ参照元:moconavi公式HP_セゾン投信株式会社(https://moconavi.jp/casestudy/saison/)

気軽に要望を伝えられていいです

とにかく対応が素早いことに驚きました。本格的に稼働する前だったのですが、打ち合わせ中に伝えた要望をその場でエンジニアに連絡をしてくれて、すぐに対応が完了したことがありました。

※口コミ参照元:moconavi公式HP_株式会社清水建設(https://moconavi.jp/casestudy/shimizukensetsu/)

moconaviの操作画面

画像引用元URL:https://moconavi.jp/feature/intuitive-operation/

moconavi(モコナビ)の料金プランと機能

初期費用:初期費用:なし 中継サーバを構築する場合VPNソフト導入サポート費用:132,000円

  • クラウド基本料金 15,950円/企業(月額)+ID利用料 770円/ID(月額)

国産で月額費用がお安い
MDMツール4選をチェック

オプションで追加できる機能

    • Web上に記載なし

moconavi(モコナビ)の導入企業一覧

日本ユニシス株式会社/近鉄不動産株式会社/セゾン投信株式会社/ キーウェアソリューションズ株式会社/株式会社ビットポイントジャパン/中部国際航空セントレアグループ/株式会社清水建設/株式会社東急百貨店/アクタスITソリューションズ株式会社/株式会社NTTデータCCS/和歌山県庁/株式会社伊予銀行/中興化成工業株式会社/ハーゲンダッツジャパン株式会社/イオンモール株式会社

moconavi(モコナビ)の導入事例

株式会社十六銀行の導入事例

スムーズなテレワーク化を実現

地方銀行として展開する銀行で、コストの削減やセキュリティ強化、テレワークの推進などを目的としてMDMツールの導入を決定。長年にわたって使い続けてきた内線電話の老朽化などの課題を解決し、組織変更のたびに発生していた内線工事が不要になりました。

※参照元:moconavi 株式会社十六銀行(https://moconavi.jp/casestudy/jurokuginko/)

株式会社第一興商の導入事例

業務の効率化による働き方の改善が実現

地域に根差したカラオケ機器の提供やコンテンツ充実を提供する企業で、退社時間を早めるためにMDMの導入を決定。コストが安く導入しやすい他、トライアルでセキュリティ面と使いやすさを体感した上で導入され、今では社外業務が可能になったことで、外勤営業スタッフの退社時刻が20~30分早くなりました。

※参照元:moconavi 株式会社第一興商(https://moconavi.jp/casestudy/daiichikosho/)

株式会社サーラビジネスソリューションズの導入事例

誰も置いてけぼりにならないインフラを整備

都市ガス供給事業を中心として展開してきた企業で、社員全員に端末をいきわたらず情報格差が生じていた課題を解決するため、MDMを導入を決定。社内でも社会からでも安全にアクセスできるため、利便性も向上し出向社員との情報共有もスムーズになりました。

※参照元:moconavi 株式会社サーラビジネスソリューションズ(https://moconavi.jp/casestudy/sala/)

moconavi(モコナビ)の概要

導入タイプ クラウド型・オンプレミス型
対応デバイス iOS:10.1~ 14  iPadOS:13~14 Android :5.0 ~ 11 Windows:Windows10 1709(OSビルド:16299)(Fall Creators Update)以降 Androidフィーチャーフォン:5.1.1~8
開発国 日本
基本機能・オプション 【基本機能】 電話 アドレス帳 カレンダー メール ドキュメントビューア ビジネスチャット セキュアブラウザ CRM/SFA ストレージ 認証 【オプション】 モートロックやリモートワイプをヘルプデスクが代行してくれる
トライアル あり(30日間)
OS自動アップデート あり
サポート内容 サポート窓口

moconavi(モコナビ)の運営会社の概要

企業名 株式会社レコモット
所在地 東京都千代田区麹町3-3-8 丸増麹町ビル8F

まとめ

安全かつスムーズな接続が可能

MDMと併用することが可能なMAMサービスを扱っている「moconavi」。MDMを導入することは、テレワーク環境を構築するうえで、有効な方法です。サービスはさまざまありますが、どのサービスにも違った特徴があるため、それぞれの特徴などを比較して、自社に最も適したものを選ぶようにしましょう。

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)