公開日: |更新日:

自社にあうMDMの選び方

自社に合うMDMをどのように選べばよいのか?このページでは、MDMサービスを選ぶ際のチェックポイントを解説しています。

MDMの選び方 5つのポイント

MDMを導入する際にどのような基準で選べばよいのか、その選び方のコツについて紹介しましょう。

コストや利用台数をチェック

MDMサービスによってかかるコストや利用台数の上限は異なります。利用台数については、コストに見合った規模のものを選ぶことが大切。これから先管理するモバイル端末が増加することを見越して選ぶと良いでしょう。

対応する端末をチェック

導入後に実際の端末で使えなかった!ということにならないためにも、事前に対応する端末はチェックしておきましょう。企業でプラットフォームを統一するのは難しいこともあるので、幅広いデバイスに対応しているMDMを選ぶというのも一つのポイントです。

セキュリティ機能をチェック

MDMはセキュリティ性を高めるために導入する仕組みです。そのため、自社のセキュリティ要件を満たしたセキュリティ機能を備えているかというのは要チェックポイントといえます。どのくらいのセキュリティ機能を求めるのか、というのを明確にしたうえでMDMサービス選定を行うのがおすすめです。

無料試用期間の有無をチェック

MDMサービスによっては、本契約と変わらない性能を一定期間の間使用できる
無料試用期間を提供しているものもあります。実際に使用してみることで、自社の規模に見合った性能か、不要な機能がないかなどをチェックできるため、無料試用で確認しておくと良いでしょう。

サポート体制をチェック

購入後のサポート体制も大切なチェックポイントになります。不具合などはこまめに修正されているか、新デバイス登場時のアップデート対応は迅速かなど。製品情報のアップデートを参考にしてみると、サポート体制が整っているかどうかを、ある程度把握することが出来ます。また、サポート拠点が日本にあるかもチェックしておきましょう。

導入の流れ・ステップ

MDM導入には大きく6つのステップがあります。

  1. MDM使用条件を決める
  2. ポリシーや権限などの取り決め
  3. 設定や使い方のテンプレート作成
  4. MDMサービスの比較検討
  5. 導入
  6. モニタリング

MDMサービスを比較検討する際、サービス提供形態も考慮して選ぶと良いでしょう。MDMサービスには、クラウド型とオンプレミス型の2種類があり、それぞれ初期費用や運用負荷が異なります。

クラウド型は初期費用や運用負荷が小さく、オンプレミス型は自社独自のセキュリティーポリシーに応じて運用管理を行えるという特徴があります。

国産で月額費用がお安い
MDMツール4選を比較

デモ版で使い比べてみよう

MDMデモ版を利用してサービスを比較検討する場合、デモ版使用の前に以下の項目を用意しておきましょう。

  • MDMの使用条件
  • ポリシーや権限の取り決め
  • 設定や使い方のテンプレート

自社のポリシーや権限、設定などを明確にしたうえでデモ版を使用することで、自社に合ったMDMサービスを比較検討しやすくなります。

また、別のページでデモ版を使う際に注目するポイントをまとめていますので、デモ版で何を検証すればいいのか分からない方は、そちらも併せて参考にしてみてください。

情シス部長が考える
MDMのデモ版で見るべきポイントを
チェック

MDM導入の注意点

MDMは非常に魅力的でメリットも多いシステムです。しかしMDMを導入するだけで、企業が抱えている課題を全て解決できるわけではありません。MDMを導入する際の注意点を見ていきましょう。

MDMに頼り過ぎない対策が必要

モバイルデバイスを活用する際、留意しておかなければいけないのが情報漏洩でしょう。端末の紛失・盗難によって情報漏洩のリスクが高まり、もし情報漏洩が起きてしまえば企業として大きな打撃となってしまいます。MDM製品の中には、遠隔操作によってロックがかかる、データを消去できる機能が搭載されているタイプもありますが、この機能だけで全て大丈夫と言い切ることはできません。

就業時間以外や休日に紛失・盗難が起きてしまえば、データを消去するまでにタイムラグが発生しやすくなるでしょう。その結果、データを消去する前に情報が盗まれてしまう可能性があります。そのため情報漏洩のリスクも考慮し、持ち出せる情報への対策を検討することが重要です。

社員の理解を得ることが必要

新たなシステムを導入するにあたって、MDMに限らず必ず反発が起こりやすくなります。とくに個人の端末自体を業務に利用するケースだと、プライバシーを侵害されているような不快な気持ちを抱くスタッフもいるでしょう。反発が強くなれば、MDMをスムーズに導入できないことも。そのためMDMを導入するにあたっては、社員に丁寧な説明を行い、しっかりと理解を得ることが非常に大切です。

場合によってはMAMの導入検討も必要

MDMは端末全体をトータルで管理するシステムで、MAMとは業務に必要なアプリやデータだけを限定的に管理するシステムのことです。ビジネス用の端末が社員全員に配られているのであれば、MDMでも問題ありません。しかし個人が所有している端末もビジネスで活用するのであれば、MAMの方が最適でしょう。なぜなら個人が所有している端末にはビジネスに一切関係のないデータも含まれており、それらを管理するのはプライバシーの侵害などの問題に発展する可能性があるからです。そのため個人が所有している端末もビジネスに活用する企業であるのなら、MAMに対応したシステムの導入を検討し、ビジネスに関係するアプリだけを管理できる体制を整えましょう。

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)