公開日: |更新日:

Jamf Pro

MDMの導入を検討している人に向けて、サービスを提供している「Jamf Pro」の機能や口コミなどをご紹介していきます。

Jamf Pro 3つの特徴

Appleデバイスに特化したデバイス管理ツール

ウィスコンシン大学オークレアキャンパスにて、Macのテクノロジー管理ソリューションを構築するため誕生したJamf。iPad、iPhone、Mac、Apple TVといったAppleデバイスに特化したデバイス管理ツールを提供しています。

Jamf Proは、企業や学校で使用されているAppleデバイスの運用業務に必要な、デバイス管理やアプリ配信、資産管理、セキュリティなどの機能が、1つのパッケージとなった製品です。クラウドで利用できるほか、オンプレミスでも利用することが可能です。

ユーザーに合わせた導入方法が選択可能

Jamf Proは、ユーザーの状況に合わせることができる導入ワークフローです。たとえば、ゼロタッチ導入。Appleデバイスを遠隔で自動登録・設定できるApple Device Enrollment Program (DEP) を使うことで、導入から使用まで、時間のかかる手動設定が不要となります。

また、個人所有の機器の持ち込み(BYOD)プログラムを導入しているといった場合においては、Webページを通じて各自のデバイスをJamfProに登録できる、ユーザー起動型登録にも対応。ユーザーの状況に合わせた導入方法の選択が可能です。

既存のツールを使ってシームレスに機能

Jamf Pro は、既存のITサービスや技術に統合させることができます。Appleデバイスのゼロタッチ登録を可能とするApple Device Enrollment Program (DEP)、iOSをMacアプリストアのアプリライセンスの一括購入ができるApple Volume Purchase Program (VPP)、教育機関におけるデバイスやアプリ、AppleIDの管理に適したApple School Managerなど、機能の統合が可能です。

ほかにもActive DirectoryやPCなどのITリソースを統合管理するSCCMといったMicrosoftのサービスや、SSO/SAMLの規格にも対応。またAPI、Cisco ISEといったプラットフォームも活用することが可能となっています。

Jamf Pro 企業からの評判

導入前の対応に関する口コミ

設定に費やす時間に困っていました

デバイスを貸与して終わりではなく、社員各自に、マニュアルに沿って手動で設定してもらわなくてはならず、設定ミスをする人がいたり、と設定に時間を費やしたりして困っていました。

※口コミ参照元:ITreview(https://www.itreview.jp/products/jamf-pro/reviews/52177)

導入時の作業コストが掛かりすぎた

新入社員や退職者など社員の入れ替わりが激しい我が社では、新入社員が入ってくるたびにMacやiPhoneの設定に1日近く要するような状態だったので改善したいと思っていました。

※口コミ参照元:Itreview(https://www.itreview.jp/products/jamf-pro/reviews)

導入前の対応に関する口コミ

ユーザーにも管理者にも有効なツール

ユーザーインターフェースが優秀で、ユーザー側が管理者に問い合わせしなくてもすぐに使えます。Appleのデバイスの管理をする上で、ユーザーにも管理者にも非常に有効なツールです。

※口コミ参照元:ITreview(https://www.itreview.jp/products/jamf-pro/reviews/53184)

新バージョンのiOSへの対応が早い

Appleデバイスを登録さえしておけば、AppleIDを設定しなくても、アプリがダウンロードできますし、インストール設定もできます。また新バージョンのiOSへの対応が早いのがメリットです。

※口コミ参照元:ITreview(https://www.itreview.jp/products/jamf-pro/reviews)

導入前の対応に関する口コミ

Appleデバイスを魔法のように管理

DEPを利用してAppleデバイスを管理できるのが、まるで魔法のようです。遠隔地から自動的にデバイスをJamf Proへ登録することができるので、導入する際に作業コストもほとんど掛かりません。

※口コミ参照元:ITreview(https://www.itreview.jp/products/jamf-pro/reviews/52175)

作業コストが大幅に削減できた

Jamf Proを導入することで、Appデバイスのキッティングが簡単になりました。おかげで従業員の作業コストが大幅に減らすことができると同時にAppleデバイスの管理が簡単になりました。

※口コミ参照元:Itreview(https://www.itreview.jp/products/jamf-pro/reviews)

Jamf Proの操作画面

画像引用元URL:https://www.sbi.co.jp/jamfpro.html

Jamf Proの料金プランと機能

初期費用:記載なし

  • 2ドル~4ドル※価格の詳細は販売代理店にお問い合わせください

国産で月額費用がお安い
MDMツール4選をチェック

オプションで追加できる機能

  • 2ファクタ認証

Jamf Proの導入企業一覧

freee/DeNA/Mercari/株式会社SmartHRなど

Jamf Proの導入事例

日本ビジネスシステムズ株式会社の導入事例

マイクロソフトとMacを両方管理

国内大手IT企業として、多くの情報システムを支えている企業。マイクロソフト製品との親和性を持ちながら、いかにMacの管理を強化できるかという課題を解決するため、同製品を導入しました。手厚いサポートがあり、安心して利用できたとのことです。

※参照元:Jamf 日本ビジネスシステムズ株式会社-Microsoft製品中心のシステム構成におけるJamf ProでのMac管理の強化(https://www.jamf.com/ja/resources/case-studies/jbs/)

サイボウズ株式会社の導入事例

apple端末専用の良質なMDM

働き方の多様性を重んじる会社として、効率的にMac端末を管理する手法に同製品を採用。appleデバイス専用のMDMとして高いシェア率があったため安心して導入でき、痒いところに手が届く操作感で快適に使用できています。

※参照元:Jamf サイボウズ株式会社-従業員選択制によるMac導入とJamf Proによる「幸福度高まる」Mac管理(https://www.jamf.com/ja/resources/case-studies/cybozu-inc/)

Sansan株式会社の導入事例

Macの管理で多様な働き方を実現

社内のMacユーザーのデバイス管理を目的として同製品を採用。企業全体における多様な働き方を実現しました。端末のセットアップを社内で受け渡すことが難しくなった昨今では、デバイスをユーザーに送るだけでセットアップが完了することが役立っています。

※参照元:Jamf Sansan株式会社-Jamf ProとJamf Connectで実現するシンプルでストレスフリーなIT環境(https://www.jamf.com/ja/resources/case-studies/corp-sansan/)

Jamf Proの概要

導入タイプ クラウド
※以前の状態をキープしたい方はオンプレミスでも利用可能
対応デバイス macOS、iOS、tvOS
開発国 アメリカ
基本機能・オプション ・モバイルデバイス管理 ・モイルアプリケーション管理 ・・モバイルコンテンツ管理 ・ログ管理 ・セキュリティ対策
トライアル あり
※詳細は要問合せ
OS自動アップデート 記載なし
サポート内容 日本支社による対応/3つのサポートチャンネル(ライブチャット、ヘルプセンター、メールでの問い合わせ)

Jamf Proの運営会社の概要

企業名 JAMF
所在地 東京都港区虎ノ門4-3-20神谷町MTビル16F

まとめ

必要な機能を吟味しながらMDMを導入しよう

Appleデバイスに特化した管理ツールを提供し、Appleデバイスの運用業務においてデバイス管理やアプリ配信、セキュリティなどの機能が1パッケージとなった「Jamf Pro」。MDMの導入は、テレワーク環境を職場や学校にて構築するためには非常に有効な方法です。さまざまな製品がありますが、異なった特徴がそれぞれに備わっているため、必要な機能を吟味しながら選ぶようにしましょう。

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)