公開日: |更新日:

MDM導入の目的

MDMの必要性

モバイル端末を遠隔から一元的に管理することを可能するMDM(Mobile Device Management)。業種によっては社外で使用する機会も多いモバイル端末のセキュリティ性を高めるためのツールとして、近年注目を集めてきています。

具体的には、MDMを導入することでどのような目的に役立てることが出来るのでしょうか。詳しく解説していきます。

盗難・紛失時の情報漏えい対策

顧客情報など、社内の人間で共有するための機密データが保存されているモバイル端末。紛失および盗難による情報漏えいのリスクは、無視できるものではありません。

MDMを導入すれば、遠隔から端末にロックをかけたり、データを消去することが出来るようになるため、紛失・盗難時における情報漏えいのリスクを軽減させることができます。また、端末の位置情報を取得することで、端末を見つけ出し、回収するのも容易になります。

不正アクセス対策

MDMを導入することで、端末で使用できるアプリケーションを設定・管理することができます。端末の利用者は決められたアプリケーションしか使用できなくなるため、社内ネットワークへの社外からの不正アクセスのリスクを軽減させることが出来るようになります。

導入するメリット

端末のデータの可視化

MDMを導入することで、位置情報や使用状況など、端末に関する各種データを可視化することが出来ます。社員が業務以外の目的で端末を使用していないか監視出来るようになる他、さらなる業務改善のためにも役立てることが出来ます。

セキュリティ対策

また、既に触れたように、MDMを導入することで、端末の紛失・盗難時における情報漏えいのリスクや、社外からの社内ネットワークへの不正アクセスを軽減させることできます。換言すれば、MDMを導入することで、モバイル端末のセキュリティ性を大きく向上させることが出来るようになります。

国産で月額費用がお安い
MDMツール4選を比較

withコロナ時代で高まるニーズ

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、リモートワークを導入する企業も増えてきています。会社支給のモバイル端末を社外で使用する機会が、以前と比べて各段に増えている今日の状況にあってはMDM導入のニーズは、非常に高くなっていると言えます。

MDMサービスの選び方

MDMを選ぶ際には、どのような点に留意すべきでしょうか。ポイントはいくつかありますが、特に重要なのが、必要な機能が実装されているかどうかです。モバイル端末のセキュリティ性を高めることが目的である場合には、リモートロックやアプリケーション利用制限といった機能が搭載されているか、確認するようにしましょう。

また、対応端末・OSについても確認しておきましょう。求める条件を満たしているMDMであっても、例えば、社内で使用している端末がandroidである一方で、MDMがサポートするOSがiOSであれば、当然することはできません。

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)