公開日: |更新日:

サテライトオフィスとは

サテライトオフィスとは?

サテライトオフィスは、本社とは離れた建物に「サテライト(衛星)」のように設置された小規模なワーキングスペースを指します。
テレワークの一種に分類されており、モバイルワークや在宅勤務と同様に考えられています。

サテライトオフィスの種類

サテライトオフィスは設置する場所によって3つのタイプに分類することができます。

都市タイプのサテライトオフィス

都市に置かれたサテライトオフィスは、交通アクセスが良いのが強み。
都市に本社を持つ企業が、さらに移動を便利にしようという理由などから、同じ都市の別の場所にサテライトオフィスを構えることがあります。
また、郊外や地方に本社のある企業が、都市まで営業などに行った社員が本社に戻らずに済むよう都市にサテライトオフィスを設置するケースもあります。
社員の負担やストレスが軽減されるほか、営業などの業務がスムーズになるという利便性があります。

郊外タイプのサテライトオフィス

都市の周りには郊外のベッドタウンが広がっていますが、そこに郊外タイプのサテライトオフィスを構える企業も見られます。
郊外から片道で1時間以上かけて都市のオフィスに通勤している人も珍しくはありません。
郊外にサテライトオフィスがあると、社員の負担が軽くなり、プライベートをより充実可能であるほか、会社としても通勤コストを削減することができます。

地方タイプのサテライトオフィス

都市に本社を置く企業が、コストの削減や人材不足の解消、そして事業拡大を目的とし、地方に複数のサテライトオフィスを構えることもあります。
また、厚生労働省など国の支援もあり、地方自治体が自らサテライトオフィスなどの誘致を行っているケースもあります。

サテライトオフィスのメリット・デメリット

サテライトオフィスのメリット

コスト削減

支社や支店となるとさまざまな経費が発生しますが、サテライトオフィスなら低コストで設置できるのが強み。しかも通勤コストも抑えることができます。

人材確保

郊外や地方にサテライトオフィスを設置する場合、従業員の色々な生活スタイルに合った仕事の仕方を実現できます。例えば、育児や介護をしなければならない立場の人にとっても、サテライトオフィスは仕事しやすい環境と言えるでしょう。地方の人材を確保できるチャンスも生まれます。

BCP(事業継続計画)対策

「BCP(Business Continuity Planning)」とは、「事業継続計画」とも呼ばれる緊急事態の際の対処法です。
地震や津波、火災やテロなどが起こった場合、拠点が本社ひとつきりだとその後の事業継続が困難になります。
サテライトオフィスを持つことで、こうした緊急事態に遭遇するリスクを分散できます。

サテライトオフィスのデメリット

サテライトオフィスにはメリットだけでなくデメリットも存在します。
それは本社やほかのサテライトオフィスとのコミュニケーション不足です。
そのため、本社と離れていても普段から容易に意思疎通が行えるよう、Web会議システムやチャッとなどツールをそろえ、環境を整えることが大切になってきます。

サテライトオフィス導入時の注意点

サテライトオフィスを構える際、最も注意したいのがセキュリティーです。
情報漏洩のリスクが高まることから、セキュリティーソフトの導入など万全な対策が必要になってきます。

月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)