公開日: |更新日:

MDM RESCUE+(OrangeOne株式会社)

MDM RESCUE+の評判が気になる方に向けて、サービスの特徴をまとめました。比較の参考にしてください。

MDM RESCUE+(OrangeOne株式会社) 3つの特徴

導入のコンサルティングを実施

MDM RESCUE+を提供するOrangeOneは、多くのMDM運用代行の実績をもっている企業。過去の代行したノウハウをもとに企業に対してコンサルティングを提供してくれます。

MDM RESCUE+とはOrangeOne自体が提供しているMDMではなく、各社のMDMを導入しようか迷っている方に対しサポートしてくれるサービスです。

代行として扱っているのはIIJやMicrosoft Intune、dynaCloud MDMなど大手企業の計15社。導入する際のサポートだけではなくどの企業にすればいいか選定条件が分からず迷っている担当者に対して、最適なMDMのピックアップなども行なってくれるのです。

事前にヒアリングをした上で、セキュリティ設定や設計する構成内容など複雑な作業も一括して対応してくれます。MDMを企業や事業所単位での規模が大きくなってきてはじめてMDMを導入しようと考えているケースでも、どうすればよいのかを相談可能です。

新たにデバイスを管理するための人員を増員する、専門の部署を設置するのが難しいケースでもMDMを導入できます。

運用の支援サービスを提供

MDMは管理するパソコン側の作業だけではなく、従業員が利用するモバイル端末側のエラーや動作確認も重要な作業です。MDM RESCUE+では各企業のMDMを導入するだけではなく、導入後のスマホやタブレットの運用支援サービスも提供。新しいOSにバージョンアップする際の動作検証や構成内容の方針決定なども合わせてサポートしてくれます。

ヘルプデスクを設置しており、遠方でも電話の問い合わせにて説明してくれるため利用する企業のIT部門で担当する業務も少なくなる、または設置しなくても問題ないのが特徴です。ヘルプデスクで対応してくれるのは経験豊かなオペレーター。導入するにあたりMDMの専門知識をもったスタッフがいないとメンテナンスやトラブル発生時の対応が難しいと考える企業でも導入できます。

ロックやワイプの代行サービス

MDMを企業内で利用していて懸念されるのはデバイスを紛失した際の情報漏洩ですが、MDM RESCUE+はロックやワイプの代行を提供。スマートフォンの主要OSはもちろん、Windowsにも対応しており、大手企業の代行経験もあり豊富なノウハウをもっています。

ロックやワイプは万が一デバイスをどこかに忘れてしまった場合でも、端末内にある重要な書類データが含まれる情報を守ってくれる機能です。情報のロックや削除は紛失したことが発覚してからすぐに対応しなければいけません。休日や営業終了後でも操作してくれるスタッフが必要ですが、実際には24時間いつでも対応できるスタッフを設置するのは現実的ではない企業も多いでしょう。

企業内にて24時間365日紛失などに対応するための窓口や担当者を設置するのが難しいケースも、代行に依頼すれば専門スタッフの雇用や外注も不要で手間がかかりません。MDMを導入したいけれど休日や深夜などに活用する事例も多く、万が一の事態には対応ができないのではないかと心配するケースはロックとワイプの代行サービスを依頼すれば安心です。

MDM RESCUE+(OrangeOne株式会社) 企業からの評判

導入前の対応に関する口コミ

MDM RESCUE+の口コミはweb上で確認できませんでした。

導入前の対応に関する口コミ

MDM RESCUE+の口コミはweb上で確認できませんでした。

導入前の対応に関する口コミ

MDM RESCUE+の口コミはweb上で確認できませんでした。

MDM RESCUE+(OrangeOne株式会社)の料金プランと機能

要見積もり

国産で月額費用がお安い
MDMツール4選をチェック

オプションで追加できる機能

  • MDM導入コンサルティング 50,000円〜(税記載なし)
  • スマホ・タブレット運用支援サービス(iOS、Android、Windows) 50,000円〜/月(税記載なし)
  • 24時間365日ロック&ワイプ代行サービス(iOS、Android、Windows) 100円〜/台(税記載なし)

MDM RESCUE+(OrangeOne株式会社)の概要

導入タイプ 導入企業により異なる
対応デバイス iOS、Android、Windowsなど
開発国 導入企業により異なる
基本機能 導入企業により異なる
トライアル 導入企業により異なる
OS自動アップデート 導入企業により異なる
サポート内容 24時間365日対応ヘルプデスクサービス代行を提供

MDM RESCUE+(OrangeOne株式会社)の導入企業一覧

公式HPに記載なし

MDM RESCUE+(OrangeOne株式会社)の運営会社の概要

企業名 OrangeOne株式会社
所在地 東京都千代田区富士見1-2-27 秀和九段富士見町ビル4F
月額費用が165円~とお安い
国産MDM4選

手厚いサポートが期待できる国産MDM18社(※)のうち、月額費用の最低料金が1台165円からとお安く、無料トライアルのあるMDM4つを厳選しました。
※2021年2月時点で、日本国内で利用でき公式HPが存在しているMDMのうち、国産のものを選出しています

100%(※)のユーザーが
使い勝手を評価
mobiconnect
月額費用
165円~275円/台(※1)
ここがポイント
  • 企業の声に耳を傾け改善を繰り返し使いやすさを追求
  • 操作方法や活用方法をすぐに確認できる等導入後のサポートも充実
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※2018年度、エンドポイント管理史上のマーケティング分析(株式会社テクノ・システムリサーチ社)より
参照:mobiconnect公式HP(https://www.mobi-connect.net/)

アンドロイドの
セキュリティを強化
MDM MoDeM
月額費用
165円~330円/台(※2)
ここがポイント
  • Androidに強力な閲覧制限をかけられる
  • Android上での偽造アプリのダウンロードを防ぐセキュリティ機能を搭載
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
災害・電話網の障害に
強い
SPPM2.0
月額費用
165円~330円/台(※3)
ここがポイント
  • 災害や電話網の障害に強く、無線LAN端末にも有効
  • 安否確認システムに利用できる機能あり
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS
ニーズに合わせて
5プランから選択可能
VECTANT SDM
月額費用
165円〜2,200円/台(※4)
ここがポイント
  • 管理でなく「活用するためのMDM」であるデジタルサイネージ機能あり
  • 機能を使える端末が限定されないプランも
  • iOS
  • Android
  • Windows
  • MacOS
  • tvOS

※1 エントリー1,980円/台(年額)~スタンダード3,300円/台(年額)を月額換算した金額。学校・教育委員会は、要見積
情報参照元:mobiconnect HP(https://www.mobi-connect.net/price/)
※2 ライトプラン月額165円/1台~エンタープライズプラン月額330円/台の場合
情報参照元:MoDeM HP(https://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm価格/)
※3 SPPM2.0 ASPサービス 基本機能パック165円/台~SPPM2.0 ASPサービス フル機能パック330円/台の場合
情報参照元:SPPM 2.0 HP(https://www.sppm.jp/導入事例・ご利用まで/料金/)
※4 VECTANT SDM「Stage1」(Android) 165円/台~VECTANT SDM「サイネージ」(Android) 2,200円/台の場合
情報参照元:アステリアHP(https://www.arteria-net.com/business/service/other/mdm/sdm/)